トンガスツール

トンガ族と椅子
ABOUT TONGA

HOME | column | about tonga

 

トンガ族とは
ABOUT TONGA PEOPLE




トンガ族は、アフリカの先住民族の一つで、ジンバブエ、ザンビア、ボツワナなどアフリカ南部エリアにまたがる、ザンベジ川流域を中心に生活しています。人口は100万人以上と推定される農耕民族です。手先が器用な民族で、木製品の他、イララと呼ばれるパーム椰子を編み込んだカゴやバスケットも有名です。

トンガスツール


 

トンガ族のスツールについて
ABOUT TONGA STOOL

 


河川の近くや山間の未舗装の土地で暮らすトンガ族の人々にとって、実用的に腰掛け椅子として大切に受け継がれてきたのが、このトンガ族のスツールです。
伝統的には家長や位の高い人物のみが座ることを許され、女性は座ることが禁じられていたと言います。持ち運び用の椅子として、村の会議などに持ち運んで使われました。上下の円盤を持ち手を兼ねた支柱で繋いだ、鼓状の形状が特徴です。堅くて丈夫な広葉樹を材料とし、一本の丸太を「ノミ」の様なもので削ることで成形されています。
トンガスツールの魅力はなんと言ってもこの持ち運び用の持ち手にあたる支柱の部分。幾何学的な模様やパターンが立体的に表現され、まるで現代アートのような独特の空気感を纏います。 
私たちの暮らしの中では、スツールとしてはもちろんですが、サイドテーブルや、卓上でディスプレイスタンドとして、、いろんなシーンで活躍し、使っても飾っても楽しめる逸品です。大小様々なサイズがあるので、サイズ違いでの組み合わせもおすすめです。

セヌフォスツール
^
up

 
#SEO