HOME | item | fabric | FK5413

クバ布 クバクロス 草ビロード クバ ヴィンテージクロス クバ族の布

クバ布 草ビロード
ショワ族のラフィア刺繍布

 
クバ布とは、中部アフリカ・現在のコンゴ民主共和国のほぼ中央にあった「クバ王国」伝統のラフィアの布の総称です。クバ王国は約18の民族集団からなり、地域全体で綿花が取れないことからラフィア椰子の葉や繊維で衣装を作る文化が発展しました。特に独特な文様を持つ布の製作で有名なのは、王族であるブッショング族とショワ族です。
 
こちらの、ショワ族の刺繍布は、男性がラフィア椰子の葉から糸を作り平織りの布を織ったあと、女性が植物などで染めたラフィアの糸で刺繍して作っています。1、2ミリに切りそろえられた糸が一定の面を埋めると、ビロード状になるので、「草ビロード」とも呼ばれています。
 
繰り返し織り込まれる、幾何学的な文様のモチーフは、身近なものから想起されたものが多く、作り手の女性の地位や年齢などが織り込まれているとも言われています。一枚を製作するのに長い年月を要するため、途中で材料や色味が変わったり、気分が変わって柄が変わったりと、自由でおおらかなアフリカらしい感性が魅力の品です。この布をつなぎ合わせた衣装は、儀式などの大切な晴れ舞台の場でまとわれるとともに、葬儀の際に死装束として埋葬されました。
 
ひとつひとつの個性があり、圧倒的な存在感が魅力です。テーブルや棚の上、床に敷くのはもちろん、軽量なのでアートのように壁に飾ることもできます。2枚、3枚と並べても素敵です。
 
ハンドメイド品ならではの擦れや穴、糸の綻び、織りムラ等があります。
こちらはそれほど古いものではありませんが、新品の工業製品とは異なりますのでご理解ください。
※写真の状態をよくご確認いただき、風合いとしてご理解の上、お求めください。
 

クバ布 草ビロード
/ ショワ族のラフィア刺繍布

------------------------------------ 
[ SIZE ]
約61×60cm
[ ORIGIN ]
コンゴ民主共和国
[ MATERIAL ]
RAFFIA 100%
------------------------------------